週末は男のこだわりカレー
市販のルーを活用したレシピからスパイスのみで作るレシピ・作り方まで
Total
Yesterday
Today

まずは市販のルーを使ったスタンダードなカレー作りをおさえておきましょう。

ポークカレー ポテトカレー
まずは市販のカレールーを使用して基本を押さえておきましょう!
隠し味はそれぞれの家庭でいろいろあるでしょうから、ルーをいれて弱火で煮込むときに入れてください。
我が家のひとひねりも参考にしてみてください。
お肉を使用しない分カレー本来の味が堪能できます。
市販のルーに数種類のスパイスを加えるだけで見違えるほど奥深い味わいに変身。
まずは少数のスパイスでいいので揃えてみては?
納豆カレー ほうれん草セロリカレー
いやいや、だまされたと思って!私も最初引きましたよ。
でもね、うまいんだこれが。納豆大丈夫な人は是非試してください。
普通に納豆ダメな人は
「サワルナキケン」
参照「納豆カレー!?
ほうれん草の野菜の甘み、セロリの爽やかさが際立つレシピです。実は私、サラダなどででてくる生のセロリはあまり得意ではないんですよ。でもカレーに入れるセロリは大好きなんです!セロリが嫌いな方がいる家庭も是非試してみて下さい。セロリの新たな一面が必ず見えてきます!
フルーツ風味のビーフカレー 細木数子流カレー
果物をふんだんに使うことによりトロピカルな南国風カレーに大変身!果物の種類はなんでも良いです。出来上がりの味を見て、辛さが足りない方はちょっとずつレッドペパーをいれて辛さを足していってください。
辛くさせすぎるとせっかくの果物の風味が飛んでしまうので要注意!
テレビ番組「幸せって何だっけ」で紹介された
「細木数子流カレー」なるものがウマイ、ウマイと評判になっているとの情報を聞き
早速作ってみました。
参照:「細木数子流カレー!?
皮まま新じゃがカレー なすカレー
皮のまま揚げたじゃがいもは、カレーに負けない強力な存在感を出してくれます。じゃがいもを前面に出すため他の具財はあえて細かくしています。じゃがいもは食べる直前に揚げて乗せたほうがホクホク感を出すことが出来ます。 なすを別で炒めて火を通すことによって、なすの触感や味をダイレクトに味わうことができます。夏のナスはとひき肉、トマトの組み合わせは最高です!
ゴーヤカレー トマト乗せカレー
苦味の効いた夏野菜の定番ゴーヤ、実はカレーにマッチします。ゴーヤの存在感はカレーの中に入れても味、食感共にバッチリ!ゴーヤ好きの方は是非チャレンジして下さい。 カレーの中にトマトを入れて煮込むのではなく、最後にバターで味付けをて焼いたトマトを乗せるカレー。
ダイレクトにトマトの触感、味が楽しめます。
トマト好きの方は是非試してみてください。
アボガドカレー ほうれん草とココナツミルクカレー
アボガドのマヨネーズとのコラボレーションは本当に最高です!という事でカレーとのコラボはどんなもんだと「アボガドカレー」を作ってみました。
感想:あんまりアボガドの味しない・・・無理に入れなくてもいいかな・・・(悲)
ココナツを入れるととても奥深い味わいになるが、甘めのカレーになるので辛口のループラス、レッドペパーかブラックペパーで辛さを調整されたほうがよいと思います。お子さんのいらっしゃる方はそのままでOKです!
ダイコンカレー 豆乳カレー
おでんを食べた時に「ダイコン味が染みててウマ〜」と思った時に思いついたカレーです。水っぽくなるかな・・・と思いましたが全然問題ありませんでした。ダイコンにカレーが染みておいしいです。でもやはりおでんのダシの方が正直おいしいと思います・・・汗 これ久々の超ヒットです!豆乳がかなりカレーをまろやかにしてくれます。豚肉のビタミン、ほうれん草、豆乳と、いかにも健康になりそうなカレーじゃないですか?味も激ウマでした、是非挑戦してください!



カレールーを使わずカレー粉を使ったカレーに挑戦!

ビーフカレー パキスタンチキンカレー
まずは市販のカレールーを使わないで基本中の基本、ビーフカレーに挑戦!
カレーの基本は絶対にこがさないこと。時間がもったいないと強火にしてしまってはスキを見せるとすぐなべ底が焦げてしまうので注意。
今までに何度スキを見せて苦いカレーになったことか・・・
トマトは入れすぎると酸味が強くなるので注意です。
私が始めてカレールーを使わないで作った思い出のカレーです。カレー粉だけでもちゃんとカレーになるんだと目からウロコが落ちたのを覚えています。
反対に純粋なカレー粉の味なのでたまねぎ、トマトの味がしっかり味わえました!
ルーを使用しないカレーの入門編におすすめ。
なすカレー じゃがいもとオクラカレー
ココナツミルクの甘みがなすにしみ込んで結構いけます。
「秋なすは嫁に食わすな」ということわざがありますが今は年中美味しいなすなのでいい時代ですね。
お肉が入ってないのでさっぱり頂けます!
カレーの辛味にオクラのネバネバとした食感が絶妙です!
ポイントはオクラを時間差で入れることです。
辛味や刺激が足りない方はブラックペパーを多めにしてレッドペパーで調節してみてください。
パンプキンカレー ベトナム野菜カレー
カボチャの甘みとスパイスのスパイシーさが絶妙のカレーです。カレーとカボチャがこんなに合うとはビックリ。手軽な割には絶品です!あまり煮すぎてカボチャの原型がなくならないほうがアクセントがあって私好みです。 野菜の素朴な味わいとカレー粉の香ばしさが後を引きます。
季節、季節の旬の野菜を何でも使ってみてください。
大豆などの穀物にもあうカレーです。



ここからはスパイスのみを使用したレシピになります。
いままでのトロッとしたものがカレーという概念は捨てて是非挑戦してみて下さい!
本場インドではサラサラ、トロトロ、水分自体がない等、カレーの定義はさまざまなのです。

揚げタマカレー スパイシーフィシュカレー
このカレーはあまり辛くなく、卵もたくさん入っているので子供がいる方は是非一度試してみてください。
マレーシアではスタンダードなカレーです。
卵を素揚げすることにより味がよくしみ込みます。
うずらの卵でやってもおもしろいかもしれませんね。
かなりスパイシーなカレーに仕上がります。
魚の種類は青魚以外であればなんでもいけると思います。
しし唐のアクセントもなんともいえんですな。
辛いのが苦手な方はレッドペパー抜きで作ってみてください。
ポテトドライカレー 健康野菜カレー
インドではドライカレーとはその名のとおり汁気がないカレーのことを指し、その数は多数あります。その中でも、簡単かつ手早くできるレシピがこちら「ポテトドライカレー」です。
参照:「インドのドライカレーとは?
野菜不足の日常の食生活でいかに1日に必要な野菜を手軽に取るかを追求したカレー。
これ一食で一日に必要な野菜がバッチリ摂取できます。
レッドペパーを入れず、ブラックペパーを半分にすればお子さんも食べられる健康食です。
参照:「カレーで野菜不足をおぎなおう!
ササミとキノコカレー サグ・チキンカレー
お肉の中でも最もヘルシーとされるササミと、ノンカロリーのキノコであっさり仕上げました。
マイルドなカレーなので辛味がほしい方はレッドペパーを小さじ1〜2杯ほどお好みで入れてください。
サグとはほうれん草のこと。
色鮮やかなほうれん草のピューレをベースとした、インドならではの個性的なカレーです。
食べるときにヨーグルトを混ぜると辛味がおさまりさっぱり食べられます。
ダヒ、チキンカレー キーマカレー
カレーは黄色いものとは限りません。インドには緑色のザクカレーや、なんとダヒ(ヨーグルト)の白いカレーもあるのです。ダヒベースカレーはシナモンの甘い香りとほんの少しのほろ苦さが特徴です。
ひき肉とグリンピースの相性はバツグン!キーマというのは細かなものという意味らしいです。
辛味の中にもシナモンの甘い香りがほんのりと漂って、ひき肉とよくあいます。
ひき肉は豚でも牛でもおこのみで!
サグ・ポテトカレー エビカレー
ほうれん草とほくほくのじゃがいもの甘みとココナッツミルクが絶妙にマッチ。
甘みとレットペパーの刺激がやみつきになります!
刺激が足りない方はレッドペパーの分量を増やしてください。
刺激が苦手な方はレッドペパーなしでもかまいませんよ。
色でも分かると思いますがトマトの酸味が効いたエビのカレーです。
ソースがとろりとして少なめなのでご飯よりパンの方が合うかもしれません。
分量とおりだとピリカラカレーでなので、辛いのが苦手な方はレッドペッパの量を調節してください。
なすとアスパラカレー
野菜の甘みとココナッツミルクがマイルドなカレーに仕上げてくれますが、スパイスが多めなので絶妙な味わいを出しています。
もっとスパイシーにしたい方はココナッツミルクを控え、その分水を多めにしレッドペパーをきかせるのもありです。


こちらはさらにホールスパイス(原型、または種状の物)も使用した本格レシピ
ホールスパイスを使用すると格段に味わいや風味が本格的になります。
是非ここまで挑戦いただきたい!

本格チキンカレー タンドリーチキンカレー
ホールスパイスを使用することによってフレッシュなスパイスの香りや味わいを堪能できる1品!
ただ最初はスパイスの原型が残ると気になるかもしれないので油で炒める前に細かく砕くとよいかも。
それでも気になる方は食べる前に取り除いてください。
香りや味は十分にカレーにしみていますので問題ないですよ。
ご飯の上にタンドリーチキンを乗せて上にソースを
かけるような感覚のカレーです。
いろんなスパイスを使用していますがカレー粉一つで
代用できます。
3のところでカレー粉を大さじ2ほど入れればOKです。
生クリームがなければ牛乳でもOKです。
カレーの語源 自家製カレー粉を作ろう! ピクリングスパイスを作ろう!
カレーの種類 正式な辛さの単位 ガラムマサラで本格的な香りを
カレーは寝て待て にがりで肉をやわらかく 一日煮込む派VSさっと煮込む派
カレーの肥満予防効果 ラッシーに青汁で健康に カレーで野菜不足を補おう!
ウコンの恐るべきパワー スパイスの香味指数 食事の時辛さやマイルドさを調節
あめたまの謎 スパイスの賞味期限 カレーでアルツハイマー予防
高齢者向けメニュー!? 甘い唐辛子!?パプリカ カレーがついた服の洗濯方法
インドのドライカレー 細木数子流カレー!? インドでカレーが生まれた理由
冷え性とカレーの関係 じゃがいもVSにんじん 市販のルーにスパイスを加える
辛さと水の関係 スタータースパイスとは? サラサラカレーとトロトロカレー
甘いものとカレーの関係 インド゙の主食はナンなの? ホールとパウダーの使い分け
血液サラサラトマト 体にいい油も存在する 市販のルーに贅沢な香りづけ
納豆カレー!? 消すのもスパイスの効果 ダイエット中はルーよりカレー粉で
 
週末は男のこだわりカレートップへ.

Copyright (c) 2004-2006 Kodawaricurry All Rights Reserved