カレーライスのことならおまかせ!こだわりのカレーの作り方 スープカレーとカレーうどんも勉強中 週末は男のこだわりカレー
健康マニアの管理人が「医食同源」をテーマにカレーレシピ、カレー雑学を紹介しています!
Total
Yesterday
Today

あめたまの謎

そもそも「あめたま」という言葉は存在しません。
私が勝手に「あめ色たまねぎ」を略してさも実在する言葉かのように
普通にレシピにのせています。


さてその「あめたま」ことあめ色玉ねぎ、カレーだけではなく、いろんな煮込み
料理に濃厚なコクと旨み、甘みを出すために使われています。
この甘さの秘密は、加熱することにより辛味の成分、塩化プロピルが甘みに
変わり旨み成分のグルタミン酸が引き出されるためです。


この塩化プロピルと呼ばれる成分、生で食べたときには血液中の糖分の
代謝を促進し血糖値を下げる効果があります。


さらにこいつは加熱すると硫化プロピルトリスフィドやセパエンという成分に変わります。
これらの成分には中性脂肪やコレステロール値を下げ、血管内での血液の凝固を
抑え血栓を溶かす物質が含まれているので、成人病予防に最適だと言われています。



上記から、血糖値を下げたい方はスライスして水にさらして生のままで
中性脂肪やコレステロールが気になる方は加熱して食べることをお勧めします。



さらに玉ねぎには以前からビタミンやβカロチンによるガン予防効果は知られていましたが
近年になり白血球の腫瘍壊死因子TNFと言う、ガン細胞を破壊するタンパク質を作る働きを強める効果が確認されました。

この効果は抗ガン剤と同程度の働きを持つと言われています。


上記ダラダラと書きましたがまとめると


玉ねぎは血液をサラサラにし
成人病予防に適しさらに旨み成分
たっぷりだということです。



カレーに使わない手はないですな。

カレーな雑学
カレーはなぜ健康食?
カレーの語源
カレーの種類
カレーは寝て待て
カレーの肥満予防効果
あめたまの謎
高齢者向けメニュー!?
インドのドライカレー
冷え性とカレーの関係
辛さと水の関係
甘いものとカレーの関係
血液サラサラトマト
納豆カレー!?
自分好みのスパイスを見つける
自家製カレー粉を作ろう!
正式な辛さの単位
にがりで肉をやわらかく
ラッシーに青汁で健康に
スパイスの香味指数
スパイスの賞味期限
甘い唐辛子!?パプリカ
細木数子流カレー!?
じゃがいもVSにんじん
スタータースパイスとは?
インド゙の主食はナンなの?
体にいい油も存在する
消すのもスパイスの効果
ホワイトカレーに挑戦
ピクリングスパイスを作ろう!
ガラムマサラで本格的な香りを
一日煮込む派VSさっと煮込む派
カレーで野菜不足を補おう!
食事の時辛さやマイルドさを調節
カレーでアルツハイマー予防
カレーがついた服の洗濯方法
インドでカレーが生まれた理由
市販のルーにスパイスを加える
サラサラカレーとトロトロカレー
ホールとパウダーの使い分け
市販のルーに贅沢な香りづけ
ダイエット中はルーよりカレー粉で
ウコンの恐るべきパワー
こだわりレシピ
市販のルーにひとひねり
市販のカレールーを使わずカレー粉を使用
スパイスのみを使用したカレーレシピ
ホールスパイスも使用した本格レシピ
サイドメニュー
「週末は男のこだわりカレー」トップページへ