カレーライスのことならおまかせ!こだわりのカレーの作り方 スープカレーとカレーうどんも勉強中 週末は男のこだわりカレー
健康マニアの管理人が「医食同源」をテーマにカレーレシピ、カレー雑学を紹介しています!
Total
Yesterday
Today

じゃがいもVSにんじん


あなたは「カレーに入れる野菜はなんですか?」と聞かれたら
まず何が浮かんできますか?


大体の方は「じゃがいも」か「にんじん」だと思います。
(そう思わせて・・・じゃないと話が前に進まないの)


この2つを栄養面から考えたとき「にんじん」はベータカロチンを
はじめとする栄養豊富な緑黄色野菜を代表するイメージから
栄養万点なのはほとんどの方は知っています。


それ対して「じゃがいも」が栄養面に対して語られることはあまりないですね。


しかし「じゃがいも」には体の抵抗力を高め、風邪やお肌に良いと
言われている「ビタミンC」、体内の塩分を排出して高血圧症の
予防になりカリウム

さらには食物繊維も大量に含まれています。

最近、食物繊維の様々な効用が述べられます。
アメリカ上院栄養問題特別 委員会で、今日の食生活では
食物繊維が不足するため、成人病・文明病と呼ばれる
肥満、便秘、動脈硬化や心臓病、糖尿病、ガン、胆石、痔などに
かかりやすいとの報告がされています。

食物繊維が腸の動きを活発にし、体内の有害なものを
早く外に排出するだけでなく
結果的に腸ガンの発生を防ぐと報告しています。


ほかにも高カロリーと思われがちですが
実は「じゃがいも」自体はローカロリーで
揚げ物を避ければヘルシーな食材でもあります。


実は普通に使っている「じゃがいも」も
「にんじん」に負けず劣らずの
健康野菜なのです。


カレーな雑学
カレーはなぜ健康食?
カレーの語源
カレーの種類
カレーは寝て待て
カレーの肥満予防効果
あめたまの謎
高齢者向けメニュー!?
インドのドライカレー
冷え性とカレーの関係
辛さと水の関係
甘いものとカレーの関係
血液サラサラトマト
納豆カレー!?
自分好みのスパイスを見つける
自家製カレー粉を作ろう!
正式な辛さの単位
にがりで肉をやわらかく
ラッシーに青汁で健康に
スパイスの香味指数
スパイスの賞味期限
甘い唐辛子!?パプリカ
細木数子流カレー!?
じゃがいもVSにんじん
スタータースパイスとは?
インド゙の主食はナンなの?
体にいい油も存在する
消すのもスパイスの効果
ホワイトカレーに挑戦
ピクリングスパイスを作ろう!
ガラムマサラで本格的な香りを
一日煮込む派VSさっと煮込む派
カレーで野菜不足を補おう!
食事の時辛さやマイルドさを調節
カレーでアルツハイマー予防
カレーがついた服の洗濯方法
インドでカレーが生まれた理由
市販のルーにスパイスを加える
サラサラカレーとトロトロカレー
ホールとパウダーの使い分け
市販のルーに贅沢な香りづけ
ダイエット中はルーよりカレー粉で
ウコンの恐るべきパワー
こだわりレシピ
市販のルーにひとひねり
市販のカレールーを使わずカレー粉を使用
スパイスのみを使用したカレーレシピ
ホールスパイスも使用した本格レシピ
サイドメニュー
「週末は男のこだわりカレー」トップページへ